健康増進、疲労回復、体質改善、美肌への効果プラセンタ注射について

プラセンタとは

プラセンタ(Placenta)とは英語で胎盤のことを指し、胎児の成長・発育に欠かすことのできない各種栄養素が高濃度に含まれています。その幅広い有効性は古くから知られていましたが、現代の医療現場でも、肝機能障害、乳汁分泌不全、更年期障害を対象に保険診療で用いられています。
最近では、疲労回復、体質改善、美容の万能薬としても注目を浴びています。

プラセンタの主な成分

  • アミノ酸(ロイシン、イソロイシン、アルギニン、リジンなど)、たんぱく質(アルブミン、グロブリンなど)
  • 糖質(グルコース、ショ糖など)、ビタミン(ビタミンB1、B2、B6、C、D、Eなど)
  • ムコ多糖類(ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸など)、ミネラル(カルシウム、カリウム、リン、マグネシウムなど)

上記のような栄養素が豊富に含まれるプラセンタですが、他にも細胞を刺激してその分裂を促進する「成長因子」が含まれています。そのため、様々な臓器で新陳代謝が促進され、新しい細胞がどんどん作られるのです。

例えば皮膚では、

  • 上皮細胞増殖因子(皮膚の細胞の増殖を促し、新陳代謝を高める)
  • 線維芽細胞増殖因子(コラーゲン線維の生成などに関わる)

などが代表的なものですが、これらの因子が皮膚の若返りに役立ちます。

プラセンタの薬理作用

① 自律神経調整作用、② 強肝・解毒作用、③ 基礎代謝向上作用、
④ 免疫賦活作用、⑤ 抗炎症作用、⑥ 内分泌調整作用、
⑦ 活性酸素除去作用、⑧ 血行促進・造血作用、…など

これら作用の組み合わせによって、ストレスや老化などで徐々に弱まっていく免疫力(抵抗力)や細胞の再生能力を改善し、老化の一因を取り除くことで、健康面へのプラス作用と共に湿疹やアレルギーなどの皮膚科疾患、または美容(アンチエイジング)面に効果的に働くのです。

プラセンタの美容効果

  • しみ・そばかすが薄くなる。
  • しわ・たるみが目立たなくなる。
  • ニキビを防ぐ。
  • 肌のきめが整う。
  • 皮膚老化を防ぎ、潤いや張りのある肌になる。
  • 免疫力が高まり、慢性湿疹やアトピー性皮膚炎などの肌荒れが改善される。

プラセンタ注射の用量と回数

当院では、プラセンタ(メルスモン®)の皮下注射を、疾患別に保険診療および自費診療の両方で行っております。

健康保険適用の場合

疾患名 通院期間 通院頻度
更年期障害・乳汁分泌不全 1年 週3回

自費診療の場合

自費診療では、医師と相談の上、1回の本数や通院頻度を決めますが、以下の表のように1~2本/回、1~2回/週の治療をお勧めしています。

疾患名 通院期間(目安) 通院頻度
美肌、アンチエイジング 2~3ヶ月 週1~2回
アトピー性皮膚炎、体質改善 3ヶ月〜半年 週1~2回
頭痛・肩こり 1~2ヶ月 週1~2回
滋養強壮、疲労回復 1~2ヶ月 週1~2回
生理痛、生理不順 2~3ヶ月 週1~2回
自律神経失調症 1~2ヶ月 週1~2回
プラセンタ注射料金

1回/1本 --- 1,200円

治療効果を上げるため、最初の1ヶ月は2回/週程度の注射が望ましいとされています。
その理由は、プラセンタの持続性が1回の注射で2、3日とやや短いためであり、これは中に含まれるアミノ酸(細胞活性化に関わる)の体内存在時間が短いことによるものです。しかしながら、継続して治療を受けることで、その持続性は延びていくため、2ヶ月目以降は1回/週程度で大丈夫といわれています。

プラセンタ治療 Q&A

なぜプラセンタが良いの?

ヒトの胎盤は、約10ヶ月間に1個の細胞をおよそ60兆個まで増やしながら、各種臓器を作り上げる働きを持っています。プラセンタにはその為に必要な多くの活性物質を総合的に含んでいるのです。

注射以外の治療はありますか?

プラセンタ療法には、注射の他に内服薬やサプリメント摂取という方法がありますが、注射は他のものと比べて即効性に優れています。当クリニックでは今のところ注射治療のみ扱っております。

副作用が心配です…。

プラセンタ注射は50年以上も医療現場で使用され続けていますが、これまで重大な副作用の報告はありません。注射部位の痛みや腫れが時々見られますが、1,2日程度で自然に治まっていきます。

原料の安全性は?

当院で使用しているプラセンタは、日本国内で満期正常分娩による胎盤を原料とし、また提供者の渡航歴の有無、血液検査において、ウイルス等で汚染されていないことを確認したもの使用しています。更に製造の最終課程で、高圧蒸気滅菌を実施しています。
しかしながら、特定生物由来製品に分類されるため、上記のような感染症に対する安全対策は講じていますが、ヒト胎盤を原料としていることに由来する感染症の可能性を完全に否定することは出来ません。そのため使用にあたっては、十分な説明を受けた上での同意が必要となります。
また、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)に対する安全性確保の観点から、プラセンタ注射使用者は献血を控えることが求められています。

効果はどのくらいで出ますか?

個人差がありますが、美容目的なら約1ヵ月、疲労回復目的では注射直後から効果が現れます。一方、生理痛などは約3ヵ月、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患では約半年ほどかかるとされています。症状が改善すれば、暫く継続した後に、頻度を減らしながら治療を終了していくことも可能ですし、長期に渡って治療しても構いません。

プラセンタはホルモン剤ですか?

ホルモン剤ではありませんが、一部のホルモン分泌を促進させる作用があり、効果を発揮させる作用が期待できます。